メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

ホルムアルデヒドって?の巻

発がん性物質 規制あるが少女漫画雑誌の付録に含有する付録が

[PR]

勅使河原賢一君の友達が買った漫画雑誌の付録のネイルカラーから、発がん性物質「ホルムアルデヒド」が検出されたそうです。「りぼん」の2015年8月号ですね。 敏感な体質の人が使用すると爪が変色する恐れもあると言われ、日本の薬事法では化粧品への配合は禁じられています。 そもそも、ホルムアルデヒドとは、どんな物質なのでしょうか。 ホルムアルデヒドは水素、炭素、酸素からできており、ごく普通に自然界に存在しています。
常温では無色透明の気体で、特徴的な臭いがあります。 水に溶けやすく、ホルムアルデヒドが40%前後の水溶液は「ホルマリン」と呼ばれています。生物標本の腐敗を防ぐのに使う、あの液体ですね。 この他、住宅の壁や天井、フローリングなどの「合板」にも接着剤などとして使用されています。更に、電子タバコの一部や、「PM2.5」の中にもホルムアルデヒドが含まれていることが確認されています。雨にも含まれる可能性があり、水道の水質基準を超す濃度の雨が全国で降っている可能性が高いとの調査結果もあります。
では、ホルムアルデヒドで具体的にどんな症状が出るのでしょうか。 人の粘膜を刺激するため、目がチカチカして涙が出る、鼻水が出る、頭痛・めまいがする、せきがでる、喉が渇くなどの症状を引き起こします。 住宅に使う合板が「シックハウス症候群」を引き起こすこともありますが、これはホルムアルデヒドが原因です。がんを引き起こす可能性が高く、白血病との関係も疑われています。 このように、ホルムアルデヒドはとても危険な物質のようですが、何か対策はあるのでしょうか。 実は2003年の改正建築基準法で、三つの側面から規制されました。
ポイントは以下の通りです。 ▽ホルムアルデヒドを発散する内装仕上げの面積を制限 ▽天井裏や床下など収納部材の内部の制限 ▽常時換気できる設備を義務づけ 「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」でも、細かく規制されています。 これらの法律の他、ホルムアルデヒドへの対策マニュアルを独自に作った自治体もあります。 ところで、その雑誌を買った友達は、賢一君とどんな関係なのでしょうか…。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 熊本遺体 粘着テープで手足を拘束 死後数週間が経過
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]