メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

幸せをつかむ歌 メリル・ストリープ、覚悟が伝わる絶唱 

 主演がメリル・ストリープ。もうこれだけで、観(み)たくなります。「ディア・ハンター」や「マンハッタン」で注目されてから40年近く、「クレイマー、クレイマー」、「ソフィーの選択」、さらに「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」と、合計3回もアカデミー賞を受賞した大女優です。

 この人がすごいのは、どんな役でもこなしてしまうところ。「マディソン郡の橋」などという、型どおりと呼ぶのが褒めすぎになるくらい安易なお話を、立派な映画に変えちゃった。アカデミー賞をとった「マーガレット・サッチャー」にしても、脚本も監督もまるで芸がないし、別にサッチャーと顔立ちが似ているわけじゃない。それなのに、微(かす)かな素振りや身のこなしだけで、年老いた元首相の内面に観客を引きこんでしまいました。

 かつてアメリカの映画評論家ポーリン・ケイルが、メリル・ストリープはいつもミスキャストだと言い放った…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1589文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  2. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです