メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝ても覚めても

大正力は何思う=冨重圭以子

 プロ野球の巨人という球団が好きか嫌いか、と問われれば、好きではない。しかし、巨人が長い間努力して、プロ野球の繁栄を導いてきたのは確かで、よかれあしかれ巨人がリーダーだったのは間違いない。その意味では尊敬もしていた。

 その巨人という球団の様変わりに驚く日々だ。巨人は高飛車だけれど、その分きっちりしていてヘタは打たない、と信じ込んでいた。ここまで規律が緩んでいたとは、思いもよらなかった。

 元読売新聞の社長、社主で「大正力」とも呼ばれた正力松太郎氏は、最近は原子力発電を推し進めた人、として有名だが、球界からみるといまに続く巨人の前身球団を創設し、プロ野球の礎を築いた「プロ野球の父」だ。その大正力が巨人に対して残した遺訓の一つが「巨人軍は常に紳士たれ」だ。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  4. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです