メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
地球ING・進行形の現場から

最終回 ホロコーストの源流

政府に接収されたという土地を前に、バスターの苦難の歩みなどを語るデントリンガーさん=ナミビア中部レホボス郊外で

人種差別科学が招いた惨劇

 南アフリカで今年出版された一冊の本が評判を呼んでいる。「石の手紙」(未訳)。南アの名門ステレンボッシュ大のユダヤ系人類学者、スティーブン・ロビンズ教授(56)が、ナチスの迫害を逃れてドイツから南アに渡った父をはじめ、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の犠牲となった祖母や叔母ら一族の数奇な運命と悲劇を詳述する。

 本の中ではさらに、家族の足跡と並行し、ホロコーストとアフリカとの意外な関係が語られる。人種に優劣が…

この記事は有料記事です。

残り2933文字(全文3149文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです