メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球ING・進行形の現場から

最終回 ホロコーストの源流 エスター・ムインジャンゲ氏インタビュー

「絶滅命令」独は公式謝罪を ヘレロ・ジェノサイド財団議長、エスター・ムインジャンゲ氏

−−虐殺について、ドイツが謝罪したと聞きましたが。

 ◆ドイツ政府が本当に謝ったとは思っていません。2004年に閣僚が謝罪し、昨年には独連邦議会議長も虐殺を認めました(※)が、私たちがほしいのは、独連邦議会での(謝罪)決議のような公式な謝罪なのです。もし彼らが「我々はジェノサイド(大虐殺)を犯した。謝罪したい」と(決議で)言うなら、これが真剣なものだと受け止めるでしょう。

 あれは戦争だった。誰もが皆その影響を受けたのだ−−ということも言われますが、植民地支配とジェノサイドは違います。私たちは植民地支配についてではなく、ジェノサイドについて話しているのです。いかなるアフリカの国々も旧宗主国に賠償を求めてはいません。そこを混同してほしくありません。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです