メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
地球ING・進行形の現場から

最終回 ホロコーストの源流 エスター・ムインジャンゲ氏インタビュー

「絶滅命令」独は公式謝罪を ヘレロ・ジェノサイド財団議長、エスター・ムインジャンゲ氏

−−虐殺について、ドイツが謝罪したと聞きましたが。

 ◆ドイツ政府が本当に謝ったとは思っていません。2004年に閣僚が謝罪し、昨年には独連邦議会議長も虐殺を認めました(※)が、私たちがほしいのは、独連邦議会での(謝罪)決議のような公式な謝罪なのです。もし彼らが「我々はジェノサイド(大虐殺)を犯した。謝罪したい」と(決議で)言うなら、これが真剣なものだと受け止めるでしょう。

 あれは戦争だった。誰もが皆その影響を受けたのだ−−ということも言われますが、植民地支配とジェノサイ…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1119文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです