米露首脳

シリア和平を協議 オバマ政権「部分的な撤退」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン和田浩明】米ホワイトハウスは14日、オバマ大統領がプーチン露大統領と電話協議し、シリアからの露軍主力部隊の撤収計画などを話し合ったと発表した。具体的な協議内容には触れなかったが、オバマ政権は「部分的な撤退」との認識を示しており、今後の展開を慎重に見極め、対応するとみられる。

 ホワイトハウスによると、オバマ氏はプー…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文346文字)

あわせて読みたい

注目の特集