メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肉食恐竜ティラノサウルス

大型化の理由は「ある進化」で

ウズベキスタンの白亜紀半ばの地層から発掘された新種のティラノサウルス類の想像図=トッド・マーシャル氏提供

 肉食恐竜ティラノサウルスは、聴力が発達するなど耳が進化したため大型化した可能性があるとの研究成果を、英エディンバラ大などのチームが、米科学アカデミー紀要に発表した。

 白亜紀(約1億4500万年〜6600万年前)の末期に生息していたティラノサウルスは全長12〜13メートルと大型。一方、白亜紀前期の地層からは全長2〜3メートルの小型のティラノサウルスが見つかっていて、大型化した理由が謎だった。

 チームは中央アジア・ウズベキスタンの、ティラノサウルス類がまだ見つかっていない白亜紀半ば(9200万〜9000万年前)の地層から、新種のティラノサウルス類の化石を発掘した。全長約3メートルと推計されるが、成長途中とみられる。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです