肉食恐竜ティラノサウルス

大型化の理由は「ある進化」で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウズベキスタンの白亜紀半ばの地層から発掘された新種のティラノサウルス類の想像図=トッド・マーシャル氏提供
ウズベキスタンの白亜紀半ばの地層から発掘された新種のティラノサウルス類の想像図=トッド・マーシャル氏提供

「聴力発達など耳が進化」 英エディンバラ大などの研究

 肉食恐竜ティラノサウルスは、聴力が発達するなど耳が進化したため大型化した可能性があるとの研究成果を、英エディンバラ大などのチームが、米科学アカデミー紀要に発表した。

 白亜紀(約1億4500万年〜6600万年前)の末期に生息していたティラノサウルスは全長12〜13メートルと大型。一方、白亜紀前期の地層からは全長2〜3メートルの小型のティラノサウルスが見つかっていて、大型化した理由が謎だった。

 チームは中央アジア・ウズベキスタンの、ティラノサウルス類がまだ見つかっていない白亜紀半ば(9200万〜9000万年前)の地層から、新種のティラノサウルス類の化石を発掘した。全長約3メートルと推計されるが、成長途中とみられる。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文607文字)

あわせて読みたい

注目の特集