メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

自爆テロ、半年で4回 死者は計180人以上

 【エルサレム大治朋子】トルコ保健省は14日、首都アンカラ中心部で13日夜に起きた自爆テロの死者が37人となり、125人が負傷したと発表した。トルコ国内では昨年10月以降、自爆攻撃が少なくとも3件発生しており、今回も含めると死者は計180人以上に達する。13日の事件は一般市民が標的とされ、国民の不安が高まっている。

 犯行声明は14日現在、確認されていない。トルコ治安当局は、男女2人が自爆し、女はトルコ政府と対立する少数民族クルド系反政府武装組織クルド労働者党(PKK)のメンバーで、男もPKK関係者だとしている。ロイター通信によると、治安当局は14日、犯行に使われた車を入手した疑いなどで4人をトルコ南東部で拘束した。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです