メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川崎中1殺害

無職少年に不定期刑判決…4年〜6年6月

横浜地裁

 川崎市の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年、上村(うえむら)遼太さん(当時13歳)を仲間2人と共謀して死なせたとして、傷害致死罪に問われた無職少年(18)=事件当時17歳=の裁判員裁判の判決で、横浜地裁は14日、懲役4年以上6年6月以下の不定期刑(求刑・懲役4年以上8年以下)を言い渡した。近藤宏子裁判長は「他の少年の暴力を予期しながら被害者を呼び出し、事件のきっかけを作った責任は大きい」と述べた。

 少年は起訴内容を認めており、量刑が主な争点となった。弁護側はリーダー格の少年(19)=殺人罪などで…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです