川崎中1殺害

無職少年に不定期刑判決…4年〜6年6月

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

横浜地裁

 川崎市の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年、上村(うえむら)遼太さん(当時13歳)を仲間2人と共謀して死なせたとして、傷害致死罪に問われた無職少年(18)=事件当時17歳=の裁判員裁判の判決で、横浜地裁は14日、懲役4年以上6年6月以下の不定期刑(求刑・懲役4年以上8年以下)を言い渡した。近藤宏子裁判長は「他の少年の暴力を予期しながら被害者を呼び出し、事件のきっかけを作った責任は大きい」と述べた。

 少年は起訴内容を認めており、量刑が主な争点となった。弁護側はリーダー格の少年(19)=殺人罪などで懲役9年以上13年以下が確定=に強く脅迫されて身の危険を感じ、仕方なく暴行したとして、刑事罰ではなく保護処分を求めた。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文726文字)

あわせて読みたい

注目の特集