被災地転職

「復興の力に」…全国から福島に派遣の職員

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
仮設住宅集会所で住民と会話を交わしながら健康診断する藤田奈緒美さん(右)=福島県いわき市で
仮設住宅集会所で住民と会話を交わしながら健康診断する藤田奈緒美さん(右)=福島県いわき市で

 東京電力福島第1原発事故後に福島県内の自治体に派遣されて実情を目の当たりにし、派遣先の自治体職員に転職するなど復興に人生をかける決断をする人々がいる。出身地は北海道から九州までさまざま。採用した自治体は、新たな人材流入による未来に期待をかける。【栗田慎一】

「求められている」と決意

 「ほな、これでどないでっしゃろ」。同県いわき市にある双葉町仮役場に関西弁はよく響く。建築施工管理技士の小林博幸さん(45)は大阪出身の元大津市職員。復興支援員として大津市から1年間派遣され、任期を終えた2015年4月、正規の町職員に転じた。

 第1原発が立地する双葉町は面積の96%が帰還困難区域で、東日本大震災から5年をすぎても地震で壊れた街並みは放置され、国の除染も始まっていない。震災と原発事故という複合災害が残した傷痕の深さは「見ると聞くとでは大違い」だった。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1138文字)

あわせて読みたい

注目の特集