メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

津野 海太郎・評『愛国と信仰の構造』中島岳志/島薗進・著

◆『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』中島岳志/島薗進・著(集英社新書/税抜き780円)

 −年をとったら読みのこした古典でも読んで、ゆっくりと日をおくろう。

 でも実際に年をとってみると、なかなかそうはいかない。ついバタバタと新刊に手がのびてしまう。とりわけ私より30歳ほど下の、私とちがって知的基盤をしっかりとかためた中年の学者や、それに類する人たちの本。

 政治学者の中島岳志もそのひとり。かれの本は『中村屋のボース』『「リベラル保守」宣言』など、何冊かの本を読み、そのつど、われわれの時代にはなかった角度からの問題の攻め方に感心させられてきた。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです