メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 先日、「インタースコア」という題名の座談会に出た。インタースコアとは編集工学研究所所長、松岡正剛氏の作った言葉で「相互記譜」と訳す。「記譜」は作業や行為や出来事を記号によって記述することで、楽譜の「譜」でおなじみだ。つまり人と人、人と言葉が互いに刺激し合って自らを構成していくことなのだ。

 松岡氏はインタースコア編集による歴史記述や書評を実践してきた。近著の「国家と『私』の行方」全2巻(春秋社)は「18歳から考える」という副題があるように、高校生や大学生のために書いたものだが、歴史は型にはまったイデオロギーや特定の利害に結びついた位置から見るものではないことや、事実とそれを読む者との間のやりとりが…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです