メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい

東日本大震災5年 両親へ 再建の鐘、見守って 名取市の東禅寺住職、三宅俊乗さん(57) /宮城

東禅寺住職、三宅俊乗さん

 東日本大震災の津波の犠牲になった両親(俊明さん=当時85歳、らん子さん=同78歳)へ。あの日、名取市閖上にあった我が東禅寺の三つの梵鐘(ぼんしょう)も津波にのまれてしまいました。外出で寺を離れていた私と妻子3人は無事でしたが、寺の檀家(だんか)さんも250人以上がなくなられました。

 三つの梵鐘は、震災から1カ月後、「友の一大事」と駆けつけてくれた駒沢大の宗教学部の同級…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです