メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

三ツ矢サイダー 採水地の伝承に由来

 炭酸飲料の定番、アサヒ飲料の「三ツ矢サイダー」。原点は1884年、炭酸水を飲む習慣があった訪日欧米人向けに、今の兵庫県川西市にあたる「多田村平野」の天然鉱泉から炭酸ガス入りの水を採取したことにさかのぼる。政府が場所を選定後、民間に事業を売却、「三ツ矢印平野水」などの名で売られた。

 「三ツ矢」は、多田村の言い伝えに由来する。平安時代の武将、源満仲が、住吉大社の「矢の落ちたところに築城せよ」とのお告げに従い放った矢が同村に飛び、住民を苦しめていた竜を仕留めた。満仲は矢を見つけた…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです