高校生

バイト先コンビニと労働協約 未払い賃金返還実現

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 埼玉県内のコンビニエンスストアで働き、労働組合に加入して15分未満は切り捨てとされていた未払い賃金などの返還を求めた高校3年の男子生徒(18)が、要求を認めさせる労働協約を結んだ。ブラックバイトユニオンが15日記者会見し明らかにした。高校生の労働協約締結は珍しい。

 この高校生を含め5店舗の店員約70人に過去2年分の未払い賃金が返還され、総額は約500万円に上る。

 ユニオンによると、協約を結んだのはサークルKサンクスの5店舗を経営するコンビニ・Y&N(埼玉県所沢市)。高校生は約1年間、土日にアルバイトをした。日曜は午前9時からの勤務だが、仕事着に着替えて8時46分に出勤時刻を記録するよう求められた。着替え時間と記録後の14分間、仕事後も15分未満の労働と着替え時間の賃金が未払いに。レジの点検で金額に誤差が出た場合、不足分の補填(ほてん)も求められた。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文612文字)

あわせて読みたい

注目の特集