春闘

トヨタ、ベア1500円回答へ 要求の半額

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 トヨタ自動車は15日、2016年春闘で、賃金の底上げにつながるベースアップ(ベア)に相当する「賃金改善分」を月額1500円と回答する方針を固めた。ベアの実施は3年連続。ただ、今春闘で組合が要求した3000円の半額にとどまり、昨年の4000円からは大幅な減額となる。トヨタを含む自動車や電機など大手製造業は16日に集中回答日を迎えるが、世界経済の減速感が強まる中、賃金の改善ペースも鈍化しそうだ。

 トヨタの経営側が15日、方針を示し、労組が受け入れる意向を固めた。経営側は16日に正式回答する。年間一時金(ボーナス)については、労組の要求通り7.1カ月分で満額回答する見通し。定期昇給にあたる「賃金制度維持分」(7300円)と合わせると月額8800円の賃上げになる。賃金改善以外では、子育てをする従業員の支援強化策として、在宅勤務の環境整備や託児環境の向上などを検討する。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文848文字)

あわせて読みたい

ニュース特集