航空自衛隊

次期輸送機のC2 内部を報道公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
C2次期輸送機の試作機の内部。内壁の色はクリーム色。シートも従来より幅が広くなり座りやすくなっている=岐阜県各務原市の航空自衛隊岐阜基地で2016年3月15日午後2時46分、町田徳丈撮影
C2次期輸送機の試作機の内部。内壁の色はクリーム色。シートも従来より幅が広くなり座りやすくなっている=岐阜県各務原市の航空自衛隊岐阜基地で2016年3月15日午後2時46分、町田徳丈撮影

 航空自衛隊は15日、C2次期輸送機の内部を岐阜県各務原市の空自岐阜基地で報道陣に初公開した。C2はC1輸送機の後継機で2016年度で開発が終わり、配備が始まる。搭載量と航続距離が大幅に向上し、離島防衛や海外での災害対応など迅速な展開に活用される。

 C1と比べてC2の全長は15メートルほど長い44メートルで、搭載量は3…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

注目の特集