観光客誘致

カニの次は「岩ガキ小屋」 松江に初登場

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岩ガキを手に持つ子どもたち=松江市東朝日町で2016年3月3日午後6時29分、長宗拓弥撮影
岩ガキを手に持つ子どもたち=松江市東朝日町で2016年3月3日午後6時29分、長宗拓弥撮影

 島根県で養殖されている岩ガキを蒸して食べる「岩ガキ小屋」が松江市内に初めて登場し、観光客らでにぎわっている。

 JR松江駅近くにあり、2月まではカニ小屋として使われていた。いずれも地元の若手経営者が冬場の観光客誘致のため企画。岩ガキ小屋は4月9日まで楽しめる。

 岩ガキの旬は春から夏にかけて。刺し身で…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文245文字)

あわせて読みたい

注目の特集