平松元大阪市長

大阪地裁が現金動画などの賠償請求棄却

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 橋下徹前大阪市長の演説で名誉を傷付けられたとして、平松邦夫元市長が橋下氏と大阪維新の会に1000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、大阪地裁(野田恵司裁判長)は15日、請求を棄却した。

 判決によると、橋下氏は市長時代の2014年7月〜15年3月、「大阪都構想」の実現を訴えるタウンミーティングで「(平松…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

あわせて読みたい

ニュース特集