メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大震災5年

首席奏者が一夜限り結集しチャリティー演奏

がんばろう!日本 スーパーオーケストラ 毎日希望奨学金チャリティーコンサートで、オーケストラの演奏に乗せて「ふるさと」を合唱する会場=東京都港区のサントリーホールで2016年3月15日午後9時7分、猪飼健史撮影

 東日本大震災で保護者を亡くした子供たちを支援しようと、全国の演奏家有志による「がんばろう!日本 スーパーオーケストラ」が15日、東京・赤坂のサントリーホールで「毎日希望奨学金チャリティーコンサート」(毎日新聞社主催)を開いた。

 読売日本交響楽団やNHK交響楽団などの首席奏者らが一夜限りで結集する同公演は、震災直後に開かれて以来6回目。今…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです