メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

切り開く

障害者スポーツの現場から/上 アーチェリー 光野裕也選手=県立高志館高1年 /佐賀

光野裕也選手

 「2020年を目指しています」と目標を語る。「パラリンピックですか」との問いには「それもありますが」と前置きして、力を込めて答えた。「オリンピックを狙いたい。アーチェリーは一般と障害者の差が出にくいスポーツの一つ。技術さえあれば障害の有無に関わらず極めることができるから」

 生後間もなく脳性まひと診断された。下肢に障害があり、現在もつえを使って歩く。股関節を広げるため、これまで2度手術した。競技の際には車いすを使用する。

 アーチェリーに出会ったのは小学2年の時。07年の佐賀総体で県立高志館高が女子団体優勝を達成した試合を観戦し、感銘を受けた。2年後、地元の教室に通い始めた。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです