メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済分析会合

安倍首相、増税先送りも選択肢

 安倍晋三首相は16日の国際金融経済分析会合で「日本には大きな累積債務があるが、(財政支出をためらって)経済が失速したら元も子もない」と述べた。新たな財政出動や、消費増税の再延期という選択肢があり得ることを示唆してみせた形だ。

 安倍首相が狙うのは、参院選や衆院選の投票日、補正予算案提出などの政治日程の主導権を握り続けること。政権運営に関し首相周辺は「オプションを持つことが重要だ」としており、首相の「次の一手」に与野党が注目せざるを得ない状況を作る意図がある。

 首相が2014年に増税先送りを決断した際には、賛否を有識者から聞く「点検会合」で地ならしした。16日に始まった分析会合は、首相が消費増税延期の理由として一時言及した「世界経済の大幅な収縮」が起きているかどうかも検討することになる。5月の伊勢志摩サミットと併せ、世界経済の低迷に対応するために日本が主導して財政出動や経済活性化を求められる可能性もある。与野党議員には、これを大義名分に首相が増税延期や…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです