メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国どこへ

大統領選に迫る(15)共和党・トランプ氏 イメージ戦略と支持者との一体感

「TRUMP」と書かれた自家用ジェット機の前で演説するトランプ氏=12日、米中西部オハイオ州デイトンで西田進一郎撮影

 11月の米大統領選に向けた共和党の候補指名獲得に近づいている実業家ドナルド・トランプ氏(69)の選挙戦を、3月15日の「ミニ・スーパーチューズデー」を目前に控えた3日間、追いかけた。中西部オハイオ、イリノイ両州、そして南部フロリダ州。浮かび上がったのは、トランプ氏を支える「成功者」としてのイメージ戦略と、トランプ氏と支持者の間に広がる「不寛容さ」や煮えたぎる怒りのマグマを軸にした「一体感」だ。

 オハイオ州デイトンにある飛行場の格納庫。12日に開かれた集会には1万人以上が集まった。荘厳な音楽が…

この記事は有料記事です。

残り2571文字(全文2820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです