特集

2016米大統領選

毎日新聞デジタルの「2016米大統領選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

米国どこへ

大統領選に迫る(15)共和党・トランプ氏 イメージ戦略と支持者との一体感

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「TRUMP」と書かれた自家用ジェット機の前で演説するトランプ氏=12日、米中西部オハイオ州デイトンで西田進一郎撮影
「TRUMP」と書かれた自家用ジェット機の前で演説するトランプ氏=12日、米中西部オハイオ州デイトンで西田進一郎撮影

 11月の米大統領選に向けた共和党の候補指名獲得に近づいている実業家ドナルド・トランプ氏(69)の選挙戦を、3月15日の「ミニ・スーパーチューズデー」を目前に控えた3日間、追いかけた。中西部オハイオ、イリノイ両州、そして南部フロリダ州。浮かび上がったのは、トランプ氏を支える「成功者」としてのイメージ戦略と、トランプ氏と支持者の間に広がる「不寛容さ」や煮えたぎる怒りのマグマを軸にした「一体感」だ。

 オハイオ州デイトンにある飛行場の格納庫。12日に開かれた集会には1万人以上が集まった。荘厳な音楽が大音響で流れる中、「TRUMP」と書かれた自家用ジェット機が格納庫前に到着し、トランプ氏が手を振ってタラップから降りる。跳び上がって喜んだ支持者たちは、個人攻撃を満載した約50分間の演説に拍手喝采を送り、トランプ氏がジェット機で飛び立つまで見送った。

この記事は有料記事です。

残り2446文字(全文2820文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集