連載

コトバ解説

毎日新聞デジタルの「コトバ解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コトバ解説

「棄却」と「却下」の違い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「棄却」と「却下」の違い
「棄却」と「却下」の違い

審理した上で退けられるか、せずに門前払いになるか

勅使河原「傍聴してきました!」
勅使河原「傍聴してきました!」
ケビン「傍聴って、裁判を?」

勅使河原「はい。詐欺事件の裁判でした。初めてだったんですけど、勉強になりました」

ケビン「それはいい経験デシタネ。裁判官を目指してイルノ?」

勅使河原「そういうわけじゃないんですけど、社会勉強のために……」

ケビン「その年齢で、社会勉強って…。本当に末恐ろしいデース」
ケビン「傍聴って、裁判を?」 勅使河原「はい。詐欺事件の裁判でした。初めてだったんですけど、勉強になりました」 ケビン「それはいい経験デシタネ。裁判官を目指してイルノ?」 勅使河原「そういうわけじゃないんですけど、社会勉強のために……」 ケビン「その年齢で、社会勉強って…。本当に末恐ろしいデース」
勅使河原「そう言えば、裁判用語に『却下』ってあるじゃないですか?」

ケビン「アリマスネ」

勅使河原「『棄却』とどう違うんですか?どちらも同じに思えるんですが……」

ケビン「了解デス。今回のテーマは『棄却』と『却下』に決定!」
勅使河原「そう言えば、裁判用語に『却下』ってあるじゃないですか?」 ケビン「アリマスネ」 勅使河原「『棄却』とどう違うんですか?どちらも同じに思えるんですが……」 ケビン「了解デス。今回のテーマは『棄却』と『却下』に決定!」
では、今回は「棄却」と「却下」を取り上げます。どちらも、裁判所が訴えを退けるという意味の裁判用語です。どんな違いがあるのでしょう?

「棄却」は、裁判所が一旦、訴状を預かり、訴えの内容を審理した結果、それを退けることを言います。

「最高裁は上告を棄却した」などと使われますね。

この場合は最高裁が、上告審を行うか審理した上で、退けています。
では、今回は「棄却」と「却下」を取り上げます。どちらも、裁判所が訴えを退けるという意味の裁判用語です。どんな違いがあるのでしょう? 「棄却」は、裁判所が一旦、訴状を預かり、訴えの内容を審理した結果、それを退けることを言います。 「最高裁は上告を棄却した」などと使われますね。 この場合は最高裁が、上告審を行うか審理した上で、退けています。
一方の「却下」は、訴えの内容を審理せずに門前払いすることです。手続き上の不備や、裁判の必要性がない時などに適用されます。

「Aさんが僕より足が速いのは名誉毀損(きそん)だ」などと訴えても、この事案が裁判で審理してもらうのに足るはずがなく、訴えは「却下」されます。

ケビン「書類に不備があっても『却下』になりマスネ」

ただし、これらの使い分けは民事訴訟、行政訴訟の場合で、刑事訴訟では「棄却」と「却下」を厳密に区別していません。
一方の「却下」は、訴えの内容を審理せずに門前払いすることです。手続き上の不備や、裁判の必要性がない時などに適用されます。 「Aさんが僕より足が速いのは名誉毀損(きそん)だ」などと訴えても、この事案が裁判で審理してもらうのに足るはずがなく、訴えは「却下」されます。 ケビン「書類に不備があっても『却下』になりマスネ」 ただし、これらの使い分けは民事訴訟、行政訴訟の場合で、刑事訴訟では「棄却」と「却下」を厳密に区別していません。
勅使河原「門前払いって厳しいな……」
勅使河原「門前払いって厳しいな……」
ケビン「そもそも法律で裁けない事案を持ち込んだところで、裁判はできませんカラネ……」

勅使河原「門前払いされても仕方ないですね」

ケビン「デスネ。それでは、まとめに移りマース」
ケビン「そもそも法律で裁けない事案を持ち込んだところで、裁判はできませんカラネ……」 勅使河原「門前払いされても仕方ないですね」 ケビン「デスネ。それでは、まとめに移りマース」
今回のまとめです。

「棄却」とは、審理した上で請求を退けること。

「却下」とは、審理せずに訴えを門前払いすること。
今回のまとめです。 「棄却」とは、審理した上で請求を退けること。 「却下」とは、審理せずに訴えを門前払いすること。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集