メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャイナセンセーション

第2部 変わる家族の形/1(その1) 「一人っ子」撤廃、中国富裕層

代理母求め渡米急増 仲介業者「50組以上が待機」

 中国政府は、1979年から続いた一人っ子政策を今年1月に撤廃し、「二人っ子」政策にかじを切った。だが、誰もがすぐに自然妊娠できるわけではない。4000万人とも言われる不妊に悩む中国人の目は今、生殖補助医療の盛んな米カリフォルニア州に注がれている。ある仲介業者は言う。「需要がどこまで伸びるか見えない」。太平洋をまたいだ生殖ビジネスが活況を呈している。

 同州ロサンゼルスの北東約120キロにある人口12万人の町、ビクタービル。この地方には珍しい冷たい雨…

この記事は有料記事です。

残り1613文字(全文1863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです