メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教科書検定

「LGBT」初登場 多様な性、高校で学んで

LGBTや子どもの貧困を取り上げた高校の教科書=東京都千代田区で2016年3月17日、小出洋平撮影

 2017年度から高校で使われる教科書に、同性愛や性同一性障害など性的マイノリティーの総称である「LGBT」という言葉が初めて登場する。自分らしい性の在り方や多様な生き方について学んでもらう。また、経済的な格差拡大が指摘される中、「子どもの貧困問題」に関する記述が増加。関係者からは、それぞれの課題への理解が進むことに期待する声が上がった。

 性的少数者や多様な家族については地理歴史や公民、家庭の3教科の教科書計31点に記述があり、うち家庭…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1302文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. 南北首脳会談 文在寅氏も北朝鮮側へ 軍事境界線またぐ
  4. 南北首脳会談 きょう 北朝鮮、幹部勢ぞろい 韓国、「本気度」を注視
  5. ORICON NEWS メカゴジラとガンダムが夢の対決 『レディ・プレイヤー1』映像公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]