メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

どこから電気を買う?の巻

16年4月から全面的に自由化 購入先を選べるように

[PR]

2016年4月、電力小売りが全面的に自由化され、電気の購入先を自由に選べるようになりました。 しかし、迷うほど電力会社はあるのでしょうか。
経済産業省から新規小売りの免許を受けたのは200社以上に上り順次増えています。 切り替えると手続きが面倒なのではないかという懸念もありますが、 新会社との手続きだけで、新たに電線を引く工事もありません。 判断基準は生活スタイルを振り返ってみるとよいでしょう。 例えば光熱費が高いなら東京ガスなどによるセット割引プランを。 通信費が高いならKDDIやソフトバンクのセット割引がいいかもしれません。
食費が多いならスーパーマーケットの特典などがつくプランもあります。 またコンビニ利用が多いならローソンなどで使えるポイントがたまるプランや、 車をよく使う人は石油元売りのガソリン割引が便利でしょう。 夫婦共働きなら中部電力などの家事代行サービスも魅力的ですね。 ただ各社の新料金の大半は使用料が増えるほど 割安になる設定のようです。 節電の意識はどこへ…。 また経産省と公正取引委員会は電力大手を対象に 行きすぎたセット割引禁止の方針を出しました。
公正な競争を実現して 地域貢献や環境を重視する 新電力を選ぶのも考えの一つでしょう。 ただ電力小売りの新規参入は大都市圏に集中おり、 過疎地などでは料金が跳ね上がる恐れもあります。 まずは結論を出す前に各社のプランを比較検討できる インターネットのサービスを利用してみるのもよいでしょう。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです