メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見附市

ギャラリー開設 旧法務局庁舎改装、市民の芸術活動拠点に /新潟

開館記念で市内在住の画家・池山阿有さんの個展が27日まで開かれている=見附市昭和町2で

 見附市は市民の芸術活動の拠点として、同市昭和町2の市役所横に「ギャラリーみつけ」を開設した。廃止となった旧法務局出張所の庁舎を市が取得し、市内の美術団体からの要望を受けて、美術品の展示や創作活動ができるよう改装した。

 ギャラリーは2階建て。約2億2500万円かけて内外装を改修し、美術展示に適した空調や照明設備を整えた。1階は40平方メートルの展示室2室と、カフェが併設されたラウンジ、創作活動などができる「ぶらっとルーム」などを備え、2階には、30平…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです