メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

比人派遣労働者解雇

判決まで賃金支払い 地裁、仮処分決定 /三重

 シャープ三重工場(多気町)で働いていたフィリピン人派遣労働者が経営悪化を理由に契約期間中に解雇されたのは不当として、労働者3人が派遣元の「ジーエル」(松阪市)に地位保全と賃金支払いを求めた仮処分申請に対し、津地裁(坪井宣幸裁判長)はジーエルに1審判決まで賃金を支払うよう命じる決定を出した。

 決定は14日付。3人が加入する労組・ユニオンみえに…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです