メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法律のツボ

歩きたばこでコートに穴、刑事責任は? /大阪

 Q 先日、街中を歩いていたら歩きながら、たばこを吸っていた人のたばこが私の着ていたコートに当たり、穴があきました。文句を言ったが取り合ってくれません。弁償などを求めることはできますか。刑事責任は問われないのでしょうか。(実例を基に構成しました)

 A まず、弁償について考えてみましょう。

 喫煙者は歩きたばこで通行人の衣服に穴をあけてしまう可能性を予見できます。そうであれば歩きたばこをやめるべきですね。にも関わらず歩きたばこをしたことは喫煙者に不注意(過失)があると言え、不法行為が成立します。相談者はその人に対し、弁償を求めることができます。

 弁償の額は原則として必要、相当な範囲内での修理費用です。ただし、コートの購入時期や状態、穴の程度などを踏まえたコートの価値の範囲内にとどまります。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです