メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収
石彫たまご

除幕 米在住の平野監督が制作 串本・JR和深駅 /和歌山

除幕された石彫たまごとあいさつする平野さん(中央)=和歌山県串本町のJR和深駅で、藤原弘撮影

 紀南地方を舞台にした自主製作映画「たまご」の平野功二監督(47)=米ニューヨーク在住=が制作した「石彫たまご」が串本町和深のJR和深駅のプラットホームに設置され、13日に記念除幕式があった。紀南地方のJR紀勢線を舞台に、鉄道と芸術を融合したイベントを展開している「紀の国トレイナート実行委員会」の取り組み。

 映画は自分の夢を信じて未来へ歩む女子高生の姿を描いた作品。平野監督によると、昨夏ブラジルで開かれた「MAC国際映画祭」で最優秀映像賞を受賞するなど、これまでに12の国際映画祭で受賞しているという。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです