メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県 初の女性部長 1795人異動 /大分

 県は18日、4月1日付の定期人事異動を発表した。規模は1795人(うち課長級以上258人)で、2011年以降で最大となった。部長級は9人が交代し、生活環境部長に柴田尚子・同部審議監が就任する。本庁の部長に女性が起用されるのは初めて。

 県は2016年度に「こども未来課」や「ラグビーワールドカップ推進班」を新設するなど、組織改編を行う予定で、これに伴い異動規模も膨らんだ。一方、昨年策定した県の新長期総合計画を本格的に進めるため、総務部長ら本庁の部長の大半が留任した。

 県職員全体に占める女性の割合は22・2%で、このうち課長級以上は7・5%と過去最高になった。新規採…

この記事は有料記事です。

残り7684文字(全文7968文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです