メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR高崎線

漏電、検知しにくい珍しいタイプか 被害拡大

JR高崎線で発生した漏電火災のイメージ

 埼玉県熊谷市のJR高崎線・籠原(かごはら)駅で起きた漏電火災で、漏電を検知して電気の流れを止める安全装置が漏電を認識できず、しばらく電気が漏れ続けたために付近の電気設備の焼損につながり、被害が拡大したことがJR東日本の調査で分かった。検知しにくい珍しいタイプの漏電が起きた可能性があり、JR東は鉄道総合技術研究所と連携して詳しい原因を調べている。

 JR東によると、一般的には漏電で架線に通常と異なる量の電気が流れると、変電所にある安全装置の遮断器…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです