英国

清涼飲料水に「砂糖税」…食習慣改善を 業界は反発

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ロンドン坂井隆之】英国政府は、清涼飲料水に含まれる砂糖の量に応じて課税する「砂糖税」を2018年4月から導入する。糖分の取り過ぎによる肥満や糖尿病が問題になっていることから、課税によって食習慣の改善を促すのが狙い。飲料メーカーからは反発の声も出ている。

 糖分が100ミリリットルあたり5グラム以上含まれている飲み物が対象で、8グラム以上だとさらに税率が上がる。税率は未公表だが、財務省は18年度の税収を5億2000万ポンド(約86…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

ニュース特集