気仙沼線

鉄路復旧を断念、BRT化 市長が受け入れ表明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
盛駅に到着したBRT=岩手県大船渡市のJR盛駅で2015年4月、米田堅持撮影
盛駅に到着したBRT=岩手県大船渡市のJR盛駅で2015年4月、米田堅持撮影

 東日本大震災で被災したJR気仙沼線について宮城県気仙沼市の菅原茂市長は18日の記者会見で、鉄路復旧を断念し、現行のバス高速輸送システム(BRT)を本格復旧として受け入れると表明した。JR大船渡線気仙沼−盛(岩手県大船渡市)間(43.7キロ)に続き、気仙沼線柳津(宮城県登米市)−気仙沼間(55.3キロ)のBRT化が…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

あわせて読みたい

ニュース特集