メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

5年でシンポ 被災地市長ら報告 静岡で26日 /静岡

 県ボランティア協会などで作る「東日本大震災5年の集い実行委員会」は26日、静岡市葵区黒金町の県勤労者総合会館でシンポジウム「ふじのくに三陸復興応援フォーラム〜忘れ去られることが、いちばんつらい〜」を開く。被災した岩手県の市長らが参加し、「震災とわがまちの復興、明日に向けて」のテーマでそれぞれの復興状況や今後の支援のあり方などを報告する。

 参加するのは津波で大きな被害を受けた岩手県大槌町の平野公三町長、同県釜石市の野田武則市長。また被災地へのボランティアの受け入れ拠点になった同県遠野市の本田敏秋市長、掛川市出身で内閣府から同県陸前高田市に派遣され、昨年7月まで副市長を務めた久保田崇さんも出席する。聞き手は静岡県の外岡達朗危機管理監が務める。

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです