メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

公的資金完済、りそなの足跡(その1) 「必要とされる銀行に」

「いらっしゃいませ」。入り口で人工知能搭載ロボットが客を出迎える。預金や住宅ローンなどについての簡単な会話もできる=東京都江東区のりそな銀行豊洲支店で、後藤由耶撮影

 「本当に待ち望んだ新店舗のオープンだ」

 昨年11月15日、りそな銀行豊洲支店(東京都江東区)の開店式典で、りそなホールディングス(HD)の東(ひがし)和浩社長(58)は感慨深げに語った。最大3兆1280億円に膨らんだ公的資金を昨年6月に完済し、ようやくこぎつけた新店舗の開設。明るい店内にはコチョウランが並び、地元町内会の関係者らがテープカットをして祝った。人工知能を搭載した顧客対応用のロボットを配置するなど、新たな試みを盛り込んだ新店舗は、りそな改革の象徴的存在だ。東社長の表情は、雨空とは対照的に晴れやかだった。

 「公的資金の完済を決議いたします」。昨年2月27日、江東区木場の本社8階大会議室。午後1時に始まった取締役会で、東社長は6月の株主総会後に公的資金を完済することを宣言し、全会一致で決議された。当初設定された返済期限の2018年3月よりも3年近い前倒し。約12年続いた国の管理下から脱却し、独立した民間企業として新たな一歩を踏み出した。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです