メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

公的資金完済、りそなの足跡(その1) 「必要とされる銀行に」

「いらっしゃいませ」。入り口で人工知能搭載ロボットが客を出迎える。預金や住宅ローンなどについての簡単な会話もできる=東京都江東区のりそな銀行豊洲支店で、後藤由耶撮影

 「本当に待ち望んだ新店舗のオープンだ」

 昨年11月15日、りそな銀行豊洲支店(東京都江東区)の開店式典で、りそなホールディングス(HD)の東(ひがし)和浩社長(58)は感慨深げに語った。最大3兆1280億円に膨らんだ公的資金を昨年6月に完済し、ようやくこぎつけた新店舗の開設。明るい店内にはコチョウランが並び、地元町内会の関係者らがテープカットをして祝った。人工知能を搭載した顧客対応用のロボットを配置するなど、新たな試みを盛り込んだ新店舗は、りそな改革の象徴的存在だ。東社長の表情は、雨空とは対照的に晴れやかだった。

 「公的資金の完済を決議いたします」。昨年2月27日、江東区木場の本社8階大会議室。午後1時に始まっ…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文909文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです