メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャイナセンセーション

第2部 変わる家族の形/3 闇っ子、泣き寝入り 学べない、年金ない、職選べない

22歳になっても戸籍に登録されず、母親(右)や姉(左)と協力しながら生きてきた李雪さん=北京市で、工藤哲撮影

 上海市の下町に暮らす賀明姫さん(26)が、母によく聞かされた昔話を語り始めた。

 「お前が生まれる前、おばあちゃんは『次も女の子ならすぐに水に入れて殺そう。男の子でなければ育てる意味がない』と盛んに言っていた。知人の家にかくまってもらい出産し、『この子を殺さないでほしい』と泣いて頼んだ」

 両親は山東省済南市周辺の農村出身。賀さんは3人姉妹の末っ子だが、戸籍を持つのは長女だけだ。両親は超過出産に対する年収相当の罰金を払えず、賀さんとすぐ上の姉は「闇っ子」となった。本来は一人っ子政策に違反した子も戸籍登録する権利はあるが、現実には罰金と引き換えでなければ認められなかった。男児を好む価値観が根強い中国では、一人っ子政策の導入後、女児では当局に届けない事例が後を絶たなかった。

 無戸籍者は学校に行けず、医療保険や年金などの社会保障も受けられない。まともな働き口も望めない。列車…

この記事は有料記事です。

残り2256文字(全文2644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  5. 17歳少女を無免許運転で逮捕 同乗者4人死傷 福岡県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです