メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
お悩み解決・仕事&家庭

PTAと付き合う方法は

別れと旅立ちの季節。たくさん泣いたあとは、お互い笑顔で巣立ちます=3月撮影

父親も参加 地域活動へ

 子どものPTAや保護者会のことを考えると憂鬱になります。つい面倒くさいと思ってしまいますが、うまく付き合う方法はあるのでしょうか。

 PTAが任意団体で入退会自由ということは、意外と知られていません。多くの学校では「子ども1人につき役員1回」などと半強制的な当番制を敷いています。その一方、希望者によるボランティア制を導入したり、地域の人にも加わってもらったりと、改革に取り組むところも出てきているようです。

 PTAに関する記事を多く手掛けるフリーライターの大塚玲子さんは、「PTAが嫌われる主な理由は二つ。…

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1526文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです