メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西村玲子の装い帳

「シャツをイン」ですてき

 ブラウスやシャツは必ず、パンツやスカートの中に入れて、ウエストにベルトをする、以前はそれが当然だった。その頃はベルトのおしゃれが盛んで、幅広から、飾りのあるもの、細くてシンプルなもの、今でも捨てられないで、何本かあるが、使うことはほぼない。ただ、腰ではくパンツなどは、ずるずる下がってくるので細いベルトでしっかりと押さえる、というくらいのこと。

 最近、シャツなどをインしてすてきな人が目に付く。ほっそりとした体形でないと絶対無理、と頑固に寄せ付…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです