ロシア

ドバイ機墜落62人全員死亡 悪天候影響か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【モスクワ真野森作】ロシア南部ロストフナドヌーの空港で19日未明(日本時間同日午前)、中東ドバイの格安航空会社「フライドバイ」の旅客機(ボーイング737)が着陸途中に墜落し、乗客乗員62人全員が死亡した。ロイター通信によると、ロシアの事故調査委員会は、悪天候の影響を受けた操作ミスと技術的欠陥の両面から墜落原因を調べている。

 ドバイ発ロストフナドヌー行きの同機は、強風下で同地の空港への着陸を試みたがうまくいかず、2時間近く周辺を旋回した後、再び着陸しようとして失敗したとみられる。墜落時の様子を捉えた映像は、激しく炎上する様子を記録していた。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文451文字)

あわせて読みたい

注目の特集