パリ同時テロ

全容解明の鍵 参謀役の容疑者逮捕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パリ賀有勇】昨年11月のパリ同時多発テロの実行犯10人のうち、唯一の生存者として国際手配されていたサラ・アブデスラム容疑者(26)が18日、ベルギーの首都ブリュッセルのモレンベーク地区で逮捕された。130人の犠牲者を出した凶悪事件に参謀役として関与しながら、自らは現場から逃げ出したとされるサラ容疑者には、事件後の足取りや共犯者など不明な点がなお多い。ベルギー、フランスの捜査当局は事件の全容解明の鍵を握るとみて追及する。

 オランド仏大統領はブリュッセルで18日、ベルギーのミシェル首相と共同会見し、「(テロには)より多くの容疑者が関与している」と、事件の根深さを強調。19日にはパリに関係閣僚を集めて国防会議を開き、対応を協議した。カズヌーブ内相は記者団に「欧州のIS(過激派組織『イスラム国』)に大打撃を与えた」とサラ容疑者逮捕の意義を強調した。フランスはベルギーに対し、同容疑者のフランスへの移送を要請した。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文980文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集