メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄界地震11年

福岡市中心部リスクなお高く

福岡沖玄界地震で被害の大きかった玄海島では港に亀裂ができた=2005年3月20日

 福岡市で震度6弱を記録した福岡沖玄界地震の発生から20日で11年となる。震源となった「警固断層帯」はなお大地震を引き起こすリスクが高く、今月には福岡市中心部に別の断層が延びている可能性が高いことが研究機関の調査で確認された。しかし、福岡市や福岡県では住宅などの耐震化が目標を下回っており、備えは十分といえない状況だ。

 福岡沖玄界地震は、同県筑紫野市から福岡市中央区を経て玄界灘に至る「警固断層帯」のうち、海中部分が動…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです