メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下村健一の「手づくり動画」ウオッチ

被災地広報にゆるキャラ /東京

 <IT Sensor>

 手作り動画で多彩な表現を試みているのは、一般の人ばかりではない。例えば地方自治体などの広報担当者も、動画を行政と住民の間の懸け橋にしようと奮闘している。

 中でも注目は「とみっぴー」だ。原発事故で全町民が避難中の福島県富岡町が、今年1月から町予算で導入した公式キャラクター。行事などで愛嬌(あいきょう)を振りまくだけではない。行政サイドからの復興情報の周知や、日本中に散っている町民たちの近況インタビューをしたり、さらには住民団体が主催した復興政策の課題を問うシンポジウムを傍聴して報告したりと、平日はほぼ毎日Faceb…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文680文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです