メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
貧者の教会

バチカン外交/下 悲願の対中関係改善 信徒1200万人、国交なく

ローマ中心部の中国系カトリック教会で中国語によるミサをささげるミケーレ呉・神父(左)=13日

 「訪中できれば、なんとうれしいことだろう」。フランシスコ・ローマ法王は2月18日、キューバ、メキシコ歴訪の帰路の特別機中で、バチカン(ローマ法王庁)と国交のない中国を訪問したいとの意向を表明した。

 ローマ中心部の中国系カトリック教会「サンベルナルディノ教会」。法王が選出されてから丸3年となった3月13日のミサには中国人信徒23人が参列した。「『法王訪中はいつか』と気の早い質問が信徒から出ている」。ミケーレ呉・神父が信徒の間で高まる期待を説明する。

 ロシア正教会トップのキリル総主教との初会談(2月12日)を実現した法王の視線の先には中国がある。総主教は2013年5月に訪中して習近平国家主席と会談した。「ロシアは中国への門だ。バチカンの対露関係が好転すれば対中関係にも波及する」。伊紙コリエレ・デラ・セラのマッシモ・フランコ論説委員が解説する。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1200文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです