メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

夏樹静子さん77歳=作家「Wの悲劇」

死去した夏樹静子さん=福岡市で2010年4月22日午後5時8分、矢頭智剛撮影

 日本の女性推理小説家の草分けで、「蒸発」「Wの悲劇」など数々の秀作で「ミステリーの女王」と呼ばれた作家の夏樹静子(なつき・しずこ<本名・出光静子=いでみつ・しずこ>)さんが19日、心不全のため死去した。77歳。通夜は24日午後6時、葬儀は25日正午、福岡市中央区古小烏町70の1のユウベル積善社福岡斎場。自宅は福岡市南区大池2の6の1。喪主は夫で新出光会長の出光芳秀(よしひで)さん。

 東京都港区生まれ。慶応大学文学部卒。在学中に書いた初の長編「すれ違った死」が江戸川乱歩賞候補になり、NHKテレビの人気番組「私だけが知っている」のシナリオも担当した。1963年、結婚し福岡に転居。福岡を舞台にした「天使が消えていく」で再び乱歩賞候補になり、70年、単行本デビューを飾った。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです