メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

夏樹静子さん77歳=作家「Wの悲劇」

死去した夏樹静子さん=福岡市で2010年4月22日午後5時8分、矢頭智剛撮影

 日本の女性推理小説家の草分けで、「蒸発」「Wの悲劇」など数々の秀作で「ミステリーの女王」と呼ばれた作家の夏樹静子(なつき・しずこ<本名・出光静子=いでみつ・しずこ>)さんが19日、心不全のため死去した。77歳。通夜は24日午後6時、葬儀は25日正午、福岡市中央区古小烏町70の1のユウベル積善社福岡斎場。自宅は福岡市南区大池2の6の1。喪主は夫で新出光会長の出光芳秀(よしひで)さん。

 東京都港区生まれ。慶応大学文学部卒。在学中に書いた初の長編「すれ違った死」が江戸川乱歩賞候補になり、NHKテレビの人気番組「私だけが知っている」のシナリオも担当した。1963年、結婚し福岡に転居。福岡を舞台にした「天使が消えていく」で再び乱歩賞候補になり、70年、単行本デビューを飾った。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです