メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若桜鉄道

バイク「隼」聖地でラッピング列車と並走

大型バイク「隼」と並走する若桜鉄道の「隼」ラッピング列車=鳥取県八頭町で

 第三セクターの若桜鉄道(鳥取県若桜町、山田和昭社長)は20日、若桜線開業85年を記念し、スズキ(静岡県)の大型バイク「隼(はやぶさ)」のイラストをラッピングした列車をお披露目した。バイクのラッピング列車は全国初。「隼」との並走イベントもあり、地元住民ら2000人で沿線がにぎわった。【小野まなみ】

 同鉄道の隼駅(八頭町見槻中)は「隼」ライダーの聖地とされ、2009年から毎年8月に「隼駅まつり」が開かれている。この日は、ラッピング列車が披露され、集まったファンら800人が歓声を上げた。午前11時前に隼駅を出発した列車は、八東駅間(約5.5キロ)を…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです