メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マッチ

昔の隆盛 今、新発想で 神戸の「ナカムラ」

箱詰機で小箱にマッチの軸を詰める作業

 人間が他の動物と違うところは、火を使えることだという。古代、火打ち石や木と木の摩擦で火を起こしたことを考えると、マッチは、なんて簡単で偉大な発明だったのか。ところで、このマッチ、最近とんと見かけないのだが……。

 神戸市長田区のマッチ製造販売会社「ナカムラ」社長の中村和弘さん(51)を訪ねた。同社は1910(明治43)年創業。中村さんは5代目だ。

 大学卒業後、いったんアパレル業界に就職したが、専務だった父から「家業を継いでほしい」と言われて30歳で入社。しかし将来が見通せず、他事業への転向も考えた。「その勉強会で、他社の先輩から『マッチはまだまだいけるんじゃないか』というアドバイスを受けた。それで、とことんやってみようと決意しました」

この記事は有料記事です。

残り1724文字(全文2045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです