メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたはどっち?

公共図書館の民間委託

イラスト・藤井龍二

館内カフェなどが話題呼び、利用者増加。蔵書には批判も

 佐賀県武雄市(さがけん・たけおし)に2013年4月、DVDやCDのレンタル店「TSUTAYA」を全国展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営する武雄市図書館が誕生しました。館内にカフェをつくり、休館日を減らすなど「新しい公共図書館」として話題を呼び、初年度は市の人口をしのぐ約92万人が利用しました。

 しかし、埼玉県(さいたまけん)のラーメン店のガイド本や昔の資格制度の問題集など、地元の利用者の役に立ちにくい本をCCC系列の古書店から仕入れていることなどが明らかになり、批判が高まりました。

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです