メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

リリーのすべて トランスジェンダー、夫と妻の苦悩描く

 自分は男ではなく女だ、男として生きていくことはもうできない。夫にそういわれた妻はどうすればいいでしょう。これは、トランスジェンダーという言葉が使われるずっと前に、手術によって女性としての自分を実現しようとしたデンマークの画家と、その妻の物語です。

 アイナー・ヴェイナーは、新進気鋭の風景画家。やはり画家の妻ゲルダと暮らしていますが、女性の衣装に惹(ひ)かれて仕方がない。ゲルダは、自分の下着を夫が身につけているのに気がつきますが、それを怒ったり嘆いたりせず、女装した夫アイナーをモデルにした絵を描き、さらに女装したままの夫を、従妹(いとこ)のリリーというふれこみで、舞踏会に連れて行きます。夫が女性のふりをするという、ゲームみたいな感覚ですね。

 ところが、ゲルダにとってはゲームでも、アイナーにとってはゲームじゃない。自分のなかの女性を抑えるこ…

この記事は有料記事です。

残り1216文字(全文1589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 県警少年課 「パパ活」「ママ活」に待った! 県警少年課、ツイッターアカウント開設 投稿に「大変危険」返信 /埼玉

  3. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  4. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  5. 見る探る 記者が働いていた新宿ゴールデン街を歩く 知られざる昭和の空間と変化の波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです